休日のご参考に

映画の感想やオモチャ屋さんの情報を書いてます。

【アニメ】2人の少女が音楽で起こす奇跡の7分間「キャロル&チューズデイ」

それはまるで奇跡だった そう 火星の歴史に刻まれることとなったー“奇跡の7分間”

これは その原動力となった 2人の少女の物語である

キャロル&チューズデイ(※ネタバレ有り)

f:id:centuryegg2:20191112170243p:plain

 

主な登場人物

f:id:centuryegg2:20191112170239p:plain

キャロル

ピアノ・キーボード担当、17歳の女の子。難民キャンプで育った、地球からの移民です。作詞も作曲もAIで行われるのが主流の火星で、チューズデイと自分たちで音楽を作り、デビューを目指します。

チューズデイ

アコースティックギター担当、17歳の女の子。火星の裕福な家庭で育ち、母親は政治家、兄はハーバード大卒。自身は学校に行かず引きこもっていたのですが、母が反対する音楽をどうしてもやりたいと家出をし、路上でキーボードを弾いていたキャロルと出会います。

アンジェラ

人気モデル、16歳の女の子。AI音楽プロデューサー、タオのプロデュースで歌手への転身を図ります。

 

感想:引っ張って引っ張ってハードルを上げまくっていた“奇跡の7分間”は鳥肌モノだった

それはまるで奇跡だった そう 火星の歴史に刻まれることとなったー“奇跡の7分間”

これは その原動力となった 2人の少女の物語である

全24話中ほぼ毎話、この説明から物語が始まるアニメ キャロル&チューズデイ。

「カウボーイ・ビバップ」の渡辺信一郎監督作品だしなにやら楽曲提供のメンバーがヤバい(国内アーティストですとナルバリッチ、小山田圭吾、ceroなど。海外アーティストではビバップの監督作品なら参加させてくれやって方も多かったらしい)と話題だし見てみるかくらいの感じだったのですが、1話目冒頭の説明(さっきのやつ)で、グッと掴まれました。奇跡の7分間って一体どんなことを見せて(聴かせて)くれるんだ?

貧困な移民少女キャロルと裕福な家庭で育った家出少女チューズデイが出会い、アルバイトをしながら音楽を作り、ホールに忍び込み演奏する2人を偶然居合わせた業界人ロディが盗撮してSNSにアップロード、

その動画を落ちぶれた音楽マネージャーのガスが見て将来性を感じて、2人のマネージャーとなりデビューを目指しオーディション番組へ出場する第1クール。

僕はオーディション番組に出場するまでの数話がめちゃくちゃ好きです。2人が出会って、音楽を作ってっていう、希望に満ち溢れている最初の数話が。

コインランドリーで洗濯物を見て「色々詰め込んで急に回りだして、私たちみたいだね」と言いイスを叩いてリズムを取り歌詞をつけるシーンとか、本当に大好きです。人物紹介の時の絵がそのシーンなんですけど、真ん中のおじさんも巻き込んで音楽を作るのが多幸感に溢れてて最高なんですよ。

他にもスリラーとかアベンジャーズとかトイストーリーとかのオマージュでごちゃ混ぜになったミュージックビデオを撮ってみたりする話もありましたね。MV以外にも、ガスがキャロルの部屋を訪れた時はシャイニングのアレでしたし、音楽関係以外にも小ネタがたくさん詰まっててニヤっとしました。

ただそうそう簡単に行くものではなく、代役で出演した野外フェスでは大ブーイング。2人の苦い思い出となりますが、そのステージを見ていた大物歌手からの言葉に勇気付けられ、リベンジを誓います。

SNSでバズったり、有名人のフックアップでデビューを狙うんじゃあなくて、オーディション番組に出て力で勝ち上がっていこうと出場したマーズブライテストでは、人気モデルの注目株で曲はAI任せのライバル アンジェラとの戦いにハラハラ。

まあこんな戦いがあといくつかあって、ラストは人気者になったキャロル&チューズデイが大ステージで歌うのが“奇跡の7分間”なのかなとか思っていたら大間違いでした。

 

マーズブライテストの放送で居場所を知った母親に連れ戻されるチューズデイの話は作風がガラッと変わるのでびっくりしたのですが、それ以降の第2クール終盤の展開がもっとびっくり。

チューズデイの母親が大統領に立候補、政策に移民追放を公言するのなんてまるでトランプ政権。反発した移民のラッパー エゼキエルが反発する曲をSNSにアップすると見せしめるように逮捕され地球に送還……

国が表現の自由を規制するようになり、まさに「言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン」状態。反町隆史さんは参加しませんでしたが、キャロルとチューズデイが火星中の歌手を集めて歌を歌って、こんな世の中に希望を生み出したいと。

今まで関わってきた音楽関係者が最後に集まり最終回のお手本のような大団円。みんなで歌う「Mother」は本当に奇跡の7分間と呼ぶにふさわしい、(後半、ライブ中の観客が動きないし使い回しなのが目立って少し残念でしたが)半年間このアニメを見続けてきて良かったと心から思えるラストでした(もちろん、これまでのことがあっての奇跡ですので、最後だけ見たろってのは勿体無いので絶対にやめてくださいね)。

楽曲提供がすごいとか、カウボーイ・ビバップの監督だからとかじゃあなく、少しでも音楽が好きなら絶対に見て欲しいアニメです!奇跡の7分間、気になりませんか!?

「キャロル&チューズデイ」Blu-ray Disc BOX Vol.1

「キャロル&チューズデイ」Blu-ray Disc BOX Vol.1

 
TVアニメ「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.1

TVアニメ「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.1

 

合わせてどうぞ

www.kyuujitu-no-gosankouni.com