休日のご参考に

映画の感想やオモチャ屋さんの情報を書いてます。

【PS4】週刊少年ジャンプ創刊50周年記念にしては…「JUMP FORCE」

創刊50周年を迎える漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の格闘ゲームがPS4に登場!

ルフィや悟空、ナルトを始め、冴羽獠、武藤遊戯、緑谷出久など各年代を代表するキャラクター40名が参戦し、3対3のドリームマッチを繰り広げる「ジャンプフォース」を紹介します。

 

JUMP FORCE

f:id:centuryegg2:20190722230826p:plain

プレイアブルキャラクター

ドラゴンボール:孫悟空、フリーザ、ベジータ、ピッコロ、セル、トランクス

ONE PIECE:モンキー・D・ルフィ、ロロノア・ゾロ、サンジ、黒ひげ、サボ、ボア・ハンコック

NARUTO -ナルト-:うずまきナルト、うちはサスケ、はたけカカシ、我愛羅、大筒木カグヤ

BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-:うずまきボルト

聖闘士星矢:天馬星座の星矢、龍星座の紫龍

シティーハンター:冴羽獠

北斗の拳:ケンシロウ

BLEACH:黒崎一護、朽木ルキア、藍染惣右介、阿散井恋次

HUNTER×HUNTER:ゴン=フリークス、キルア=ゾルディック、クラピカ、ヒソカ=モロウ

ジョジョの奇妙な冒険 Part3:空条承太郎、DIO

幽☆遊☆白書:浦飯幽助、戸愚呂(弟)

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-:緋村剣心、志々雄真実

遊☆戯☆王:武藤遊戯

僕のヒーローアカデミア:緑谷出久

ブラッククローバー:アスタ

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-:ダイ

鳥山明先生オリジナルキャラクター:カイン、ガレナ

 


 

初めて集めた漫画は「遊☆戯☆王」、小学生の頃にアニメを見ていた「ワンピース」や「ハンター×ハンター」は今でも読み続けていて、最近の「僕のヒーローアカデミア」や「ハイキュー‼︎」も好きですし、ジャンプ展のおかげで知ることができた「包丁人味平」など昔の作品も読んだりと僕はまあジャンプっ子なわけでして。

先日友達が家に遊びに来るということでおもてなしに、前々から気になってはいた「ジャンプフォース」を買ってみました。

 

ちなみにジャンプのゲームは、中学生か高校生の頃にニンテンドーDS用ソフト「ジャンプスーパースターズ」をやりじゃくっていました。格闘漫画以外にギャグ漫画やスポーツ漫画のキャラとかもサポートキャラとして使えて、僕がジャンプを読んでいる頃のキャラクターがとても多く登場し、お祭り騒ぎで大好きなゲームでした。

JUMP SUPER STARS

JUMP SUPER STARS

 

単体作品だと友達んちでPSの「ONE PIECE グランドバトル!2」だったり、家では弟とPS2の「ドラゴンボールZ2」「NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー」「キン肉マン ジェネレーションズ」などやってましたねえ。懐かしい。

 

いざ「ジャンプフォース」をプレイしてみると、リアルなグラフィックにテンションがあがります!他のPS4用ソフトと比べるとグラフィックは劣りますが、必殺技など迫力があってそれだけでも満足です。

ただ、ロード時間が長い……友達とオフライン対戦している時はロード中もジャンプの思い出話などしていれば良いので気にならないのですが、1人でストーリーを進めるのが苦痛で仕方がなかったです。

なんてたってストーリーモードの話がしょうもない。現実とジャンプ世界を融合させようとするヴェノムズ(むず痒い名前つけんな 笑)という悪の勢力に対抗するルフィたち。襲いかかって来るジャンプヒーロー達を倒して洗脳を解き、ヴェノムズを倒す!って感じなのですが、ムービーに入ったかと思えば大体が司令室に集められて会話するだけで単調。中途半端にリアルだから顔の動きとかが不自然だし、無駄に広いロビーを行き来してミッションをやらないといけないし、ムービーを飛ばしたら長いロードが始まるし…修行だと思って耐えてました。ロード中とか、今までの連載作品を1作ずつ紹介したりしてくれると50周年記念感もでるし、ホントどうにかならなかったんですかねえ。

まあストーリーをクリアしなくてもキャラクター42名は対戦で使えるので別にやらなくても良いんですが、せっかく買ったので休日に少しずつ修行っすよ。レベル上げせずに進めるとボスが強いんすよ。

最初使えるジャンプキャラは40名いて、同じ作者だけど違う作品のゴンVS戸愚呂弟とか、お互い学生で自分の分身みたいなので戦うけど世界観が全然違う武藤遊戯VS空条承太郎とかドリームマッチがアツいです!組み合わせによっては嬉しい絡みもあって「ゴムの個性か」とかデクがルフィに興味を示すのとかグッときました。 

あとストーリーでも、八神月がルフィを見てお気楽な感じを装っているのか?と勘ぐったり、オールマイトの「私が来た!」に悟空は「オラも来たぞ!」と返したりしてウケます。これはお祭り作品の醍醐味ですね。

ただ40名いても知らないキャラとかは使わないし、どうしても好きなキャラクターのみに偏って、50周年の記念すべき作品にしてはキャラクターが少ない印象。僕ら世代だとせめて「シャーマンキング」は出して欲しかったなと思ってしまいます。 

シャーマンキング スピリットオブシャーマンズ

シャーマンキング スピリットオブシャーマンズ

 

 

DLCは全9名で「遊☆戯☆王」から海馬瀬人、「僕のヒーローアカデミア」からオールマイトと爆豪勝己といったキャラが少なかった作品だったり、女性キャラが少ないので(冴羽獠も他にもっこりちゃんいないの?と言ってましたが、ホントに少ない!)「HUNTER×HUNTER」からビスケの参戦は嬉しいのですが、「ドラゴンボール」魔人ブウ、「ONE PIECE」トラファルガー・ロー、「NARUTO」うちはマダラ、「BLEACH」日番谷冬獅郎、グリムジョー・ジャガージャックといったキャラが多い作品を更に増やすのは如何なものかと…課金してもらえそうなラインばかりじゃあなくて、もうちょっとサプライズが欲しかったですね(もちろんローやブウが使えるのは嬉しいのですが)。

例えば、雑誌の枠を超えてVジャンプから「キン肉マンII世」(ていうかキン肉マンすらいないっすね)や「デジモンアドベンチャーVテイマー01」が参戦したら(僕は)最高にアガるのになあ……まあ格闘漫画じゃないカード漫画から遊戯と海馬が参戦してるだけでも最高なんですけどね。ブルーアイズホワイトドラゴンとルフィとかが戦ってるの、なんだかウケますよ。

あとはステージですね。日本とか香港とか実際の場所なんていらないから、もっとジャンプだからこそのステージを用意して欲しかったなあ〜。天下一武道会場の客席には色んなジャンプキャラが観戦してるとかやってほしかったです。遊び心が足りないっすよ。

とかなんとか言ってますが、こうやってああだこうだいいながらジャンプ作品を思い出したもできて楽しいゲームでした〜。 

【PS4】JUMP FORCE

【PS4】JUMP FORCE

 

 

 

こちらもオススメ

www.kyuujitu-no-gosankouni.com