休日のご参考に

映画の感想やオモチャ屋さんの情報を書いてます。

集めていたフィギュアを手放したら部屋も気持ちもスッキリした話

こんにちは、PPキャンディーです。

先日POPEYE(ポパイ)2019年12月号「いつか大人になったなら。」のスチャダラパー3名の座談に、ガチャガチャとか大好きだったけどある時からコレクションフィギュアを集めることをやめた話がありました。

理由は、例えば「スター・ウォーズ」ならNIGOがたくさん集めてるから見せてもらえるし、自分が中途半端に集めなくても良いやと考えられるようになったからだと。

BRUTUS(ブルータス)2011年10/15号[雑誌]

BRUTUS(ブルータス)2011年10/15号[雑誌]

 

僕はこの話にえらく共感してしまい昨日、箱に入ったままで宝の持ち腐れだったアメコミヒーローや仮面ライダーの可動フィギュアを手放しました(といっても次元大介や虹村億泰など大好きなキャラクターは残しているところが踏ん切りついてない感じはするのですが……)。

 

以前友達が「こういうグッズが世にでているんだと知るだけで満足」と言っていたことがあり、欲しいグッズはすぐに買ってしまう自分は感心しました。

そのことがキッカケで、まずいつからフィギュアを集めるようになったのかを考えました。幼い頃からオモチャが大好きでずっと人形遊びをしていた僕も高校生になるとファッションなどに興味が移り(経験値の少ないあの頃の服装は思い出したくもありませんが 笑)自然とオモチャは買わなくなったのに、いつからこうなったんだろう?

 

それは、20歳前後の働き始めて趣味に使えるお金をちょっと持てるようになった頃に「ジョジョの奇妙な冒険」にハマったことがキッカケでした。漫画を集めることに留まらず、ゲーセンでプライズ品をゲットしたり、コンビニで1番くじを1万円分引いたりしてて、ついに可動フィギュアにも手を出したんですね。それが虹村億泰だったのですが、あまりの出来の良さに他のキャラも買っちゃって。

でも引っ越しの際に荷物を減らそうと思って、一番好きな億泰以外は手放したんです。ですが次に「ルパン三世」にハマってしまい、次元大介のフィギュアを集め始めました。中古ショップを巡る中で、次元だけではなくて他にもドラゴンボールとか色々買ってしまい、部屋の統一感がない状態がこれまで続きました。

でも別にそれが悪いとは今でも思っていませんし、僕は何もない部屋より物の多い部屋の方が好きなので、統一感がなくても個性的で良いと思います。

ただ、ジョジョから始まったフィギュア欲も、もうこの辺で良いかな?ってようやく思えるようになって。可動フィギュアの他にも、一般人視点で考えるとフィギュアいっぱい持っていますし(飾れていないものはクローゼットに)。

f:id:centuryegg2:20191120130216j:plain

f:id:centuryegg2:20191120130256j:plain

 

では、今回なぜ可動フィギュアだけを手放したのかというと、それはツイッターでフォローさせていただいている方々のフィギュアの写真があまりにもお上手で、もう人の写真を見てるだけで満足感を得るようになったことが僕が可動フィギュアを手放す一番のキッカケになったと思います。

箱からフィギュアをだして構図を考えて写真撮って編集してって、大変だし自分じゃあ絶対にできない。ていうか真似しようにも、そもそも可動フィギュアを上手くポージングできないんですよ……

だから箱に入れっぱなしだし、なんかせっかくの可動フィギュアがもったいなく思えました。そんな時に冒頭のポパイを読んで、それだよ僕はコレクションも遊び方も中途半端なんだよ!!!!とヤケクソ気味に整理し始めると勢いがついていて。これも手放そうあれも手放そうってなって20体くらいとお別れ。残ったのはこれくらい。

f:id:centuryegg2:20191120130249j:plain

(もっと頑張れって感じですが、とりあえずは勘弁してください……)

20箱も減ると自分的には部屋がだいぶスッキリしまして。可動フィギュアが上手くポージングできない件は少し前からモヤモヤしていたので、自分の気持ちもスッキリしました。

今回20体ほど売却して手にしたのは約6万円でしたが、それ以上にお金かかっていますし大量に手放すと、また同じような状況になるのはお金がもったいないからもう買わないようにしようと抑止にもなる気がします(といいつつこの状況はすでに2度目)。

 

この6万円は、そろそろかなと思っている婚約指輪を買う時の足しにしようと思っていたのですが、なんだか急にニンテンドースイッチが欲しくなってきてしまいました。この衝動を抑えられた時に自身が成長できるのではないかと思います。 終わり。

 

明日に向かって捨てろ!!

明日に向かって捨てろ!!

 

なぜかダブっているビデオ、捨てたのに増えているコレクションフィギュア、ハードがないのに捨てられないゲームソフト。スチャダラパーのBOSEさんが、時に怒られながらも励む断捨離に共感しちゃう1冊です。おすすめ。