休日のご参考に

主に映画のあらすじと感想を書いてます。

我が家のプレステ3事情

予定がない日のお散歩コースにブックオフがある。

その時の気分で古本を買ってみたり、中古ゲームをディグったりしている。

今日の天気は快晴で、3月なのに最高気温21度と予想されていたくらいのポカポカ陽気。

こんなお散歩日和の日は洗濯物を干したらブックオフへ行くに決まっている。

 

今日は気になる中古ゲームを見つけたので買った。「Jスターズ ビクトリーVS」というPS3のアクションゲームだ。

f:id:centuryegg2:20200311160643j:plain

週刊少年ジャンプのゲーム発売当時連載されていた漫画のキャラや歴代の人気キャラが登場し、作品を超えた殴り合いをすることができるのがウリのお祭りゲームだ。

この手の物は少年ジャンプではよくあるのだが、ソフトによって登場キャラが違っていたりして、このJスターズビクトリーバーサスでは則巻アラレやボボボーボ・ボーボボ、ラッキーマンに剣桃太郎なんかが使えることに惹かれた。

中古なので状態が気になるところだが、とても綺麗で良かった。それなのに価格は千円もしなかった。一昔前のゲームソフトはそんなものか。

 

ここで一つ言っておかなければいけないことがある。

我が家にはPS3本体はない。だからこのゲームはできない。

広島から上京する際に、荷物になったので売ってしまったのだ。

引っ越しの時は当時の最新機PS3とWiiUを所有していたのだが、高校卒業後ゲームはあまりしなくなっていたからいらない気がした(でもなんか気になって本体を買ってしまった)。

実際それなりに遊んだゲームソフトは「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」くらいで、あとはブルーレイディスクの映画を再生するくらいだった。

ちなみにジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルのソフトは手元に残しておいた。課金してキャラを増やしたことや、高校卒業後なかなか会えなくなった友達とネット対戦をした思い出があるから。

まあそれ以上に、このゲームソフトはゲームシステムに問題があり評価がすこぶる悪く売ってもお金にならないことが大きかった。

 

 

 

それにPS4が発売すると耳にしていたので、ジョジョやりたくなったら新しくPS4買えばPS3のソフトもできるっしょと勘違いしていたことも売ってしまった一つの原因だ。

PS2ではPSのソフトが遊べた。PS3でも初期型はPS2とPSのソフトが遊べた。だがPS4では過去のゲームソフトは遊べないという事実をあとあと知ることになった。

それはそれで良い。「あ、そうなんだ」くらいにしか思わなかった。ロクヨンとかだって昔のゲームできないし、散歩コースのブックオフに行けば1万円もせずにPS3本体が買えるし、PS5なんてものが出た日にはもっとお求めやすくなるかもしれない。

 

我が家にはもう一つPS3のソフトがある。「レッド・デッド・リデンプション コンプリート・エディション」だ。

滅びゆく西部を舞台に、元義賊の主人公ジョンが家族のために馬を走らせるハードボイルドなアクションゲームだ(やったことないけど)。

なぜやったことないし現状できないゲームソフトを買ったのかというと、僕がゲームに再燃するキッカケとなったPS4の「レッド・デッド・リデンプション2」のせいだ。突発で有給使って仕事を休んだり、家事をおろそかにして彼女に泣かれるまでこの世界にはまり込んだ僕はクリア後に「前作もやらなくてはならない」と謎の使命感が湧いてきた。

 

 

 

また、我が家にはPSの「ジョジョの奇妙な冒険」もあるが、これは実家にPS2があるので送ってもらえば遊べるため何の問題もない(現状は遊べない)。

f:id:centuryegg2:20200311175434j:plain

 

思えばお小遣いに限りがあった子供の頃は、欲しいゲームソフトがあっても高くて買えないから、そのゲームの攻略本を買って欲求を満たすことが多々あった。

ゲームでは遊べないけど、攻略本には様々な情報が載っていて、想像力を膨らませてワクワクしたもんだ。

30歳を目前にした今ではPS3のゲームソフトの説明書を読んで想像を膨らませている。

噂によると「歳をとると子供に返る」らしいが、多分こういうことだと思いながらまたお散歩へ出かける。

 

PlayStation 3 チャコール・ブラック 250GB (CECH-4200B)

PlayStation 3 チャコール・ブラック 250GB (CECH-4200B)

  • 発売日: 2013/09/02
  • メディア: Video Game