休日のご参考に

主に映画のあらすじと感想を書いてます。

あ〜サウナ行って“ととの”ってみてぇ〜!ドラマ『サ道』

 

 

Huluで何か面白そうな番組が配信されていないか探している時、

ネプチューンの原田泰造さんが裸でニッコリ笑っているサムネイルを見つけました。

f:id:centuryegg2:20200907182300p:plain

原作:タナカカツキ『マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜』

監督:長島翔

出演者:原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗、荒井敦史、宅麻伸、小宮有紗 他

 

サウナのドラマ……サウナは別に好きじゃないけど、

サムネイルに惹かれて見てみることに。

すると1話23分でサクサク見れることもあり、気づいたら見終わってました。

サ道』めちゃくちゃ面白いじゃないですか!

 

ドラマの雰囲気は『孤独のグルメ』のサウナ版みたいな感じです。

原田泰造さんが様々なサウナを巡って

数々のこだわりに「おおっ……」とか言いながらサウナでジットリ汗をかいて(BGMが優しすぎる……)、

水風呂、休憩、またサウナ、水風呂、休憩を繰り返すと訪れるらしい、

“ととのう”と言われるトランス状態になるまでを毎回描きます。

f:id:centuryegg2:20200908153333p:plain

休憩中にじーんと身体がしびれてきてディープリラックスの状態から、

血液が身体中を駆け巡り脳に酸素がゆきたわり

やがて多幸感…そのサウナトランスこそが“ととのった”状態らしいです。

f:id:centuryegg2:20200908153333p:plain

 

僕はサウナは何分か入って汗出して、

水風呂は冷たいから普通のシャワー浴びて、

ちょっと椅子で休憩したら終わっていたのですが、

まだその先があったなんて……!

この“ととのう”瞬間が、とても気持ち良さそうなんですよ。

 

中でも第3話「杉並の住宅街でととのう」で原田泰造さんが訪れた、ゆ家 和ごころ 吉の湯でのととのい方。

 

サウナ、水風呂、休憩を何セットか繰り返して露天で休憩している時に、

その雰囲気に色々と思い出したらしく原田泰造さんが急に泣き始めるんですよ。

そして泣きながら“ととのう”

f:id:centuryegg2:20200908153333p:plain

 

原田泰造さんの泣き芸を見ていたら、『笑う犬の冒険』を見ていた小学生時代を思い出して僕も泣きそうになっちゃいましたよ。

 

サウナといえば、オジサンのイメージですが、 

『サ道』ではオジサン好みのシブめのサウナから、

女性も行きたくなるオシャレなサウナまで紹介されています。

大磯プリンスホテルは近くまで行ったことがあったのですが、

まさかスパフロアがあんなにシャレてたとは……。

 

あと第8話「女性のための最先端サウナでととのう」で小宮有紗さんが訪れた名古屋のSaunaLab

めちゃくちゃオシャレ。サウナの見た目もだし、なんかフォントとかもめちゃくちゃオシャレなのよ。

 

小宮有紗さんといえば『特命戦隊ゴーバスターズ』や『ラブライブ!サンシャイン‼︎』などでご活躍される俳優・声優さんですね。

 

『サ道』では8話以外は裸のオッサンが汗をかく様子をず〜っと見ていたわけですが、

若い女の子の回となると話が違ってきます。

 

今まで何とも思わなかった、防犯カメラの映像みたいに上の方からサウナ全体を写しているのが……なんか8話は盗撮感があってゾクゾクするんですよね。

f:id:centuryegg2:20200908153324p:plain

 

ジワ〜っと汗をかいていく様をアップで写してくれるのもとても良くて、

見ているこっちも“ととの”ってしまいそうです……

f:id:centuryegg2:20200908153333p:plain

 

邪念が入った気もしますが、

サウナで自分自身と向き合う原田泰造さんや小宮有紗さんを見て、

サウナに行きたくなりました……!

 

近くの温泉へ行こうと思ったらコロナ禍でサウナ休止……!

とりあえず『サ道』に出てきたオロナミンCとポカリスエットを1:1で混ぜた“オロポ”を飲みました……

f:id:centuryegg2:20200909000641j:plain

 

合わせておすすめ