休日のご参考に

休日のご参考になれるようなカルチャーをご紹介

【映画】元のアニメ版は予習しない方が良い!?実写「アラジン」

ディズニー第2次黄金期の名作「アラジン」が実写化!なんとランプの魔人ジーニーを演じるのはウィル・スミス!

僕的には、家に3作目「アラジン完結編 盗賊王の伝説」のVHSがあったので幼い頃何度も見たし、友達んちでスーファミのゲームをやったり、僕が休日によく映画を見るようになるキッカケになった作品「ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」のガイリッチー監督が実写版を撮ることになり、どんな作品になるのだろうと公開を楽しみにしていました!

 

アラジン(※ネタバレ有り)

f:id:centuryegg2:20190620215952p:plain

 

 

主な登場人物

アラジン

f:id:centuryegg2:20190620215942p:plain

幼い頃に両親と別れ、相棒の猿アブーと共にコソ泥をして暮らす青年です。お腹をすかせた子供に食料を与えたりと小悪党ながらも優しい性格の持ち主。宮殿を抜け出したジャスミン王女を助け、彼女に惚れてしまいます。

ジャスミン

f:id:centuryegg2:20190620220002p:plain

アグラバーの王女様です。父である王様から早く結婚相手を見つけてくれとお願いされるも、ただの金持ちではなく私よりアグラバーの民を思える人じゃなきゃと断り続けていて、民をめっちゃ思っているジャスミンはアニメ版より王女の自覚がありました。

ジーニー

f:id:centuryegg2:20190620215947p:plain

心が綺麗で「ダイヤの原石」みたいな人しか入ることが許されない洞窟にある魔法のランプを擦ると出てくる魔人で、願いを3つ叶えることができます。アラジンに「ジーニーだったら何を願う?」と聞かれ、自由になって世界中を旅したいんだとこぼします。演者のウィル・スミス感が強めです。

ジャファー 

f:id:centuryegg2:20190620220056p:plain

国王の座を狙うアグラバーの国務大臣です。コブラ型の杖で催眠術を行い、国王を操っています。魔法のランプの存在を知っていて、洞窟に入ることのできる「ダイヤの原石」であるアラジンを捕らえ、洞窟にランプを探しに行かせます。

 

 

感想:衣装や街並みが美しかった!アニメ版をしっかりリスペクトしていたと思います!

大海原に船が2隻。大きくて豪華な船を見て羨ましがる2人の子供に、これは小さな船だけど嵐にも耐えられるんだぞと言いながらウィル・スミスが登場。子供たちに1人の貧しい青年の物語を語り出します(アラビアナ〜イ♪)。

両親も職もなく孤独で貧しい青年アラジンは、生きるために盗みを働いて毎日を生きています。元のアニメ版ではパンを盗むところから始まり盗みのシーンを長く描いていたのですが、実写でやると犯罪感がより際立ってしまうからか、あまり盗みは見せないようにしていた気がします。宮殿を抜け出したジャスミン王女と出会うまでもアニメ版より早く、物語の展開が早くて僕的には良かったです。

ただ、手に入れた食料をお腹をすかせた子供に全部あげるシーンは、実写ではあっさりあげちゃってたので少し躊躇するアニメ版の方が必死に生きている感じが分かって好きかも。

早々にアラジンの前に姿を表したジャスミンですがアグラバーの民を思う一面が節々で見てとれて、ジャファーはアラジンを信用させるために元々はコソ泥で国務大臣まで成り上がったと過去を語っていて、物語に人間味が足されていました(実写っぽい)。

ジーニー初登場シーンは、アニメだと怪しげな煙がランプから勢いよく出てきてミステリアスさとワクワク感が凄いのですが、実写はここも結構あっさり目にジーニー登場。ジーニーっていうよりウィル・スミス。まんまウィル・スミス。あっさりと出てきたけど、魔法のランプの説明を歌い始めると画面が華やかになって音楽も最高にノリノリで凄い良かったです。

ランプの魔人ジーニーは今まで様々な悪党の願いを叶えてきて、それはお金だったり地位だったり。アラジンにお前はアイツらと一緒になるなよと言います。まだ願いを3つ叶えられるという重大さにピンときていないアラジンは、3つ目の願いでジーニーを自由にしてあげるよなんて言っちゃって。そんなアラジンの1つ目の願いは、ジャスミンに釣り合う男になるために「王子様にしてほしい」。格好は王子様になり魔法の力で正体もバレずにジャスミンに近づくことができたのですが、やはり少しずつボロがでてしまって。結局ジャスミンと結婚するためには王子様でい続けるしかないと言い出し、最後の願いも自分の嘘のために使おうとしてしまいます。

ここら辺の流れはアニメ版と同じで、ていうか実写版アラジンはアニメ版の内容を大きくは変えずに実写化しているため、今までアニメ版アラジンを見たことがなかったり内容忘れちゃったから実写を見る前に予習って人は、もういっそのことアニメ版を見ないで実写版を見た方が物語を純粋に楽しめるかと思います。

同じ物語を見ている感をより一層引き立てるのが俳優陣。アラジン役もジャスミン役も見事にはまり役で俳優陣に違和感もなく(ジーニーは普通にウィル・スミスでしたが違和感はない)アニメ版アラジンの世界観をしっかりと出すことができていて素晴らしかったです。

あ、オリジナル要素で一つ気になったのが、アラジンとジャスミンが交わした約束を、アラジンがすっぽ抜かしたのにその件について何も触れなかったことです。約束は守りましょう。

アラジン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

アラジン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

合わせて見たい

実写版を見てから、元になったアニメ版アラジンを見ると、実写映画よりも短い時間で内容を振り返ったり、ちょっとした違いがわかったりするので僕はその流れをオススメします。