休日のご参考に

主に映画のあらすじと感想を書いてます。

同業他社の面談を受けたら最先端いってて恥ずかしくなり映画『フォードvsフェラーリ』みた

 

 

こんにちは、あまきです。

これまで会社のお客様に対する姿勢(ホームページで素材違いの写真を使ったりして客を騙している)にウンザリしているあまきです。

そしてコロナが収束したら今まで通りの仕事ができると思っている我が社のお偉いさんにウンザリしているあまきです。

「こんな田舎モンたちが見栄でやってみただけの大都会の店にいたら時代に取り残される……!」

そう思って転職を考え、同業他社のWEB面談を受けました。

ちなみに我が社は退職が相次ぐ中、新型コロナウイルスを理由に少し前まで面談を全て断っていました。Zoom使えバカ(笑)

 

コロナ禍でウチの会社の店は休業したり大変だったわけなのですが、

今回僕が面談を受けた同業他社のA社は、その間もリモート接客で営業していました。

2020年4,5月に東京のお店の営業するべきだったのかという議論は置いていて、

何か起こった時、即座に営業スタイルを変更する判断ができるのは素晴らしいことです。

時代に生き残っていくのは、こういう会社です。

そしてお話を伺うと、A社は以前からリモートワークができるように準備を進めていたようです。

だからコロナ禍でもスムーズにリモートへ移行できたのだと。

問題が起きてからではなく、先を見据えて時代に合わせて着々と準備を進めていたのが凄い。

 

ちなみに我が社のお偉いさんたちは

「コロナが落ちついたらまた名刺入れの需要が出てくるはずだから、前作ってみた名刺入れの在庫めちゃくちゃ余っているけど、新しい名刺入れ作ろう!」

とか言っててバカ(笑)

 

そしてA社は副業もOK。

副業や勉強に時間を使いたい方には、時短正社員という雇い方もしてくれる。フレックスタイム制。

なんと懐が深い、社員思いの会社なのでしょう……

我が社?とうぜん副業なんてしちゃダメですよ。

コロナ禍で休業してる間にライターでお小遣い稼ぎしていたことを口滑らせてお咎め食らいました。

休んでいる間減給だったら、小遣い稼ごうとするの当たり前じゃん。

それに僕らが働きにくいように、後出しでルールを色々変えてきますよ、我が社は。

 

もうね、こんな時代遅れの会社に勤めているのが恥ずかしくなってきましたよ。

面談が終わり、我が社の上層部への苛立ちが高まる今紹介したい映画は『フォードvsフェラーリ』です。

フォードvsフェラーリ 4K UHD [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]

 

1966年のル・マン24時間レースにかけた熱きオッサンたちの実話ベースの作品です。

フェラーリ買収に失敗したフォードが「所詮2代目の間抜け」と言われ腹を立て、フェラーリの十八番であるスポーツカーのレースで負かしてやろうと奮闘する話かと思いきや、

敵はフェラーリではなく、一貫して間抜けな社長を操る副社長なんです(『フォードvsフォード』にタイトル変えた方がいい)。

フォードに協力する自動車メーカーのシェルビーや、

副社長から嫌われているレーサーのケン・マイルズが、

上からの圧力や横槍に耐えながらル・マン24時間レースでフェラーリを抜いて優勝を目指す話です。

 

 

 

敵である副社長は、狡猾に社長を言いくるめケンを不利にさせるのですが、こういうクソな上層部、いるよな!

もう一人の副社長リー・アイアコッカは、シェルビーやケンの味方であることを目で語る男なのですが、シブいだけで何もしてくれねぇし!

いるんだよ、こういうヤツら!

もちろん無能な社長もいる!これって、うちの会社をモデルにした話!?

間違っていると指摘したら圧力かけて働きにくくする、ホントうちの会社だわ……

 

いきなり最後の話で申し訳ないのですが、

自分勝手だったレーサーのケンが、会社のためにクソな方の副社長の言いなりになって人間的成長を見せたのに、

あのだまし討ちよ!

もうこっちは上層部に振り回される末端の人間として、ケンとシェルビーに感情移入しまくってっから、マジで腹たつのよ!

「俺もケンみたいに大人にならないといけないのかな……」

とか思ってたらあの仕打ち!

ほんとクソだわ!

 

でもケンとシェルビーは互いの奮闘を讃えながら肩を抱き合って「来年は倒そう(もちろんクソ副社長を)」

と言ってレース場を去っていくシーンがシブくて最高なのよ(もちろんレースシーンや出場マシンができるまでの試行錯誤シーンもアツい)。

『フォードvsフォード』クソな会社の圧力に苦しんでいるアナタに超オススメです!

 

 

合わせてオススメ